宿坊案内|精進料理 湯葉御膳 行学院覚林坊

宿坊案内

身延山の宿坊として

参拝者を宿泊させる寺院のことを宿坊と言います。元々僧侶のみが宿泊する施設であったのが、増加する参拝者も宿泊させるようになり、今日の宿坊の形ができあがりました。
当院も身延山に多くある宿坊の一つで、日蓮宗総本山である身延山久遠寺の塔頭寺院としてご参拝される皆様をお泊めしております。

写真

寺院に泊まるということ

館内はもちろん和の造りとなっております。
お客様がお泊りになるお部屋ですが、古くからの造りのままで、
隣室と区切るものは襖のみとなっております。
お客様をお泊めできるお部屋としては20室を数えますが、
一般のお客様には角部屋などのプライベートを重視したお部屋割りをさせていただいております。
庭側のお部屋からは夢想国師作の日本庭園を、
また、当館正面側のお部屋からは春には大きな枝垂桜がご覧いただけます。
泊まるという事を大前提として造られた昔ながらのお部屋ですので、
一部のお部屋しかテレビ等は付いておりません。
当院は身延山の参道からも少し離れておりますので、
いつもとは違う静寂に包まれる時間をお過ごしできるかと思います。
また、2階の客室には、昔当院が久遠寺よりの来賓の方々をお泊めしていた事に由来して、
『上段の間』が設けられてございます。

庭を愛で、ワインのお風呂に浸かる

広く開放的な窓が特徴的な浴室は、夢想国師作の日本庭園をご覧いただけます。
また、浴槽には当院がございます山梨県の名産でもあるワインにちなみまして、
ワイン入浴剤を入れたワイン風呂となっております。
体の芯から温まり、旅の疲れを癒してくれると評判です。

ワイン風呂

古い作りの中にも新しさを

当院は古い宿坊の造り。前述の通り客室も鍵がございません。
ただ、昔とは違い一般の参拝者の増加にともない、
また、宗徒の皆様の高齢化やこのような昔ながらの宿坊の不便さもございまして、
新しく良いものは積極的に取り入れております。
1階の廊下沿いには段差の無いウォシュレット完備の洋式トイレをご用意しております。
また、1階ではできるだけ段差の無いような造りへとなっております。
皆様がお食事を召し上がられる食事処にもテーブル席を増やし、
当院はより快適に過ごせる昔ながらの宿坊となっております。
古い造りと新しい仕組みの融合。皆様が気兼ねなく参拝していただける宿泊施設としての宿坊。
今後もより一層精進してまいります。

施設概要

客室 20室
最大収容人数 150名
浴室 大浴場×1 小浴場×1 ※男女入替制
駐車場 有り 無料
  • オンライン予約・プラン一覧
  • オンライン予約・プラン一覧